ジャンル別まとめ記事

クラシックをカバー・アレンジしているメタル曲&プログレ曲

クラシック曲をカバー・アレンジしているプログレッシブロックやメタルの楽曲も数多く存在します。

それぞれ個別に紹介している記事へのリンクを貼っています。視聴などはそちらからどうぞ!

 

ヴィヴァルディ:四季/Vivaldi Metal Project 「The Four Seasons」

協奏曲集《四季》を全曲メタルアレンジしたアルバム。オリジナリティも加わり普通にシンフォニックメタルとしても聴ける名盤。おススメ。

四季/Vivaldi Metal Project 「The Four Seasons」今回紹介するのはVivaldi Metal Project の「The Four Seasons」。 ヴィヴァルディの有名...

 

モーツァルト:レクイエム/Stefan Wurz&La Réjouissance Youth Orchestra 「RockQuiem」

レクイエム全曲をロックバンドやソロボーカルを交えてアレンジしている作品。

レクイエム/Stefan Wurz&La Réjouissance Youth Orchestra 「RockQuiem」今回紹介するのは、モーツァルトのレクイエムを全曲オーケストラ&ロックサウンドでアレンジしたアルバム、「RockQuiem」です。 ...

 

Therion「The Miskolc Experience」

スウェーデンのシンフォニックメタルバンドのクラシックカバー・ライブアルバム。ワーグナーのマニアックな選曲を多数収録。ワグネリアンは必聴。

Therion「The Miskolc Experience」スウェーデン出身のシンフォニックメタルバンドTherion(セリオン)。 オーケストラと重厚な合唱が特徴の女性ヴォーカルバンドです...

 

Epica「The Classical Conspiracy」

オランダ出身のシンフォニックメタルバンドのクラシックカバー・ライブアルバム。インスト曲や映画音楽のカバー多め。

Epica「The Classical Conspiracy」オランダ出身のシンフォニックメタルバンドEpica(エピカ)。 今回紹介するアルバム「The Classical Conspira...

 

ベートーヴェン:運命・月光/ダーク・ムーア「The Moon」

スペインのシンフォニックメタルバンド。2種類のベートーベンの曲を織り交ぜた大作。

運命・月光/ダーク・ムーア「The Moon」スペインのシンフォニック・メタルバンドDark Moor(ダークムーア)が2007年リリースしたアルバム《TAROT》。その中1曲「Th...

 

モーツァルト:レクイエム/ダーク・ムーア「DIES IRAE(AMADEUS) 」

同じくDark Moor。彼らの曲で一番有名なクラシックアレンジ曲。

レクイエム/ダーク・ムーア「DIES IRAE(AMADEUS) 」モーツァルトのレクイエムをカバーしているDark Moorの「DIES IRAE(AMADEUS) 」。  2002年リリース...

 

チャイコフスキー:白鳥の湖/ダーク・ムーア「Swan Lake」

「情景」と「四羽の白鳥の踊り」をアレンジしたシンフォニックメタル。

白鳥の湖/ダーク・ムーア「Swan Lake」今回紹介するのはDark Moorの「Swan Lake」です。 チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」のカバーです。 ...

 

モーツァルト:オペラ≪魔笛≫より「夜の女王のアリア」/NIGHTWISH「Passion and the opera」

フィンランド出身のシンフォニックメタルバンド。メタル×オペラの先駆者。

オペラ≪魔笛≫より「夜の女王のアリア」/NIGHTWISH「Passion and the opera」フィンランドのシンフォニックメタルバンドNIGHTWISH。オーケストレーションとオペラティックな女性ヴォーカルを前面に出したその音楽性...

 

モーツァルト:レクイエム/ターヤ・トゥルネン「I Walk Alone」

NIGHTWISHを脱退した初代ヴォーカルのソロアルバム。脱退したNIGHTWISHへのメッセージが”レクイエム”に込められています。

レクイエム/ターヤ・トゥルネン「I Walk Alone」2005年にシンフォニック・メタルバンドNIGHTWISHを脱退し、その後2007年にリリースしたターヤ・トゥルネン(Tarja Tur...

 

モーツァルト:レクイエムより「Lacrymosa」/Symphony X「光から闇へ – The Death of Balance」

アメリカのシンフォニック・プログレメタルバンド。海外バンドのレクイエム好きは異常。

レクイエムより「Lacrymosa」/Symphony X「光から闇へ - The Death of Balance」アメリカのメタルバンドSymphony X。 2000年リリースの5thアルバム「V(ファイブ)-新・神話組曲」内の曲「光から闇へ...

 

モーツァルト:“レクイエム”より「涙の日」/I Miss My Death「lacrymosa」

ウクライナの女性Voシンフォニック・ゴシックメタルバンド。踊れるシンフォメタルあり、東欧民謡メタルありの良いバンド。

 

シューベルト:「魔王」/Hope Lies Within「Der Erlkönig」

アメリカのプログレッシブ・メタルバンド。「魔王」のストーリーを芸術的かつ超不気味なアニメで再現したMVは、夜に観たら眠れなくなるかも…。

魔王/Hope Lies Within「Der Erlkönig」アメリカのプログレッシブ・メタルバンドHope Lies Within。 「Der Erlkönig」という楽曲でシューベルトの「...

 

グリーグ:組曲《ペール・ギュント》より「ソルヴェイグの歌」/kamelot「Forever」

アメリカのパワーメタルバンド。ノスタルジックな原曲の雰囲気をガラリとアレンジした名カバー。

組曲《ペール・ギュント》より「ソルヴェイグの歌」/kamelot「Forever」1991年結成のアメリカのバンドKamelot(キャメロット)。 2001年リリースのアルバム「kalma」収録曲「Forever...

 

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/RHAPSODY「THE WIZARD’S LAST RHYMES」

イタリアの有名なシンフォニックパワーメタルバンド。壮大なカバー。

交響曲第9番「新世界より」/RHAPSODY「THE WIZARD'S LAST RHYMES」第4楽章冒頭のフレーズが有名なドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」。 ベートーヴェンの次に有名な「第九」です。 初めの...

 

ベートーヴェン:交響曲第9番「歓喜の歌」/HEAVENLY「ODE TO JOY」

フランスのメロディックパワーメタルバンド。第九を大胆に導入した、ちょっとQueen風のスピードメタル。

交響曲第9番「歓喜の歌」/HEAVENLY「ODE TO JOY」フランスのメタルバンドHEAVENLY(ヘヴンリー)。アルバム『Carpe Diem』の1曲、「ODE TO JOY」はベートーヴェンの...

 

バッハ:管弦楽組曲第2番より「バディネリー」/Yngwie Malmsteen「NO MERCY」

イングウェイは、この曲以外にも多くの曲でクラシックをアレンジしています。クラシカルギターの先駆者。

管弦楽組曲第2番より「バディネリー」/Yngwie Malmsteen「NO MERCY」イングウェイ・マルムスティーンの「NO MERCY」。バッハの管弦楽組曲第2番の内の1曲、「バディネリ」をカバーしています。 ...

 

チャイコフスキー:《白鳥の湖》より「情景」/ winterage「Awakening」

チェコのシンフォニック・メタルバンド。オーケストラサウンドが前面に出ているクラシック・メタルの傑作。

《白鳥の湖》より「情景」/ winterage「Awakening」イタリア出身のシンフォニックメタルバンド、winterage。「Awakening」という曲でチャイコフスキーのバレエ組曲《白鳥の湖》の...

Evil Masquerade「Surprises in the Dark」

北欧のメタルバンド。「運命」「アイネクライネナハトムジーク」「エリーゼのために」「バディネリー」の4曲を引用。

ベートーヴェン:悲愴・月光/DRAGON LAND「BEETHOVEN’S NIGHTMARE」

スウェーデンのパワーメタルバンド。ピアノソナタのフレーズを各所に散りばめたクラシカル・プログレハードロック。

悲愴・月光/DRAGON LAND「BEETHOVEN'S NIGHTMARE」スウェーデンのパワーメタルバンド、DRAGON LAND(ドラゴンランド)。アルバム「Astronomy(アストロノミー)」収録の「BE...

 

 ブラームス:ハンガリー舞曲第5番/Mägo de Oz「El Santo Grial」

スペインのメタルバンド。記事内で紹介しているアルバム「Finisterra Ópera Rock」は民謡シンフォメタルの名盤。コルピクラーニよりも、こっちがおススメ。

ハンガリー舞曲第5番/Mägo de Oz「El Santo Grial」スペインのメタルバンドMägo de Oz(Mago de Oz/マゴ・デ・オズ)。 アルバム『LA LEYENDA DE LA ...

ピアノソナタ第14番「月光」/GYZE「moonlight sonata」

北海道出身のメロディックデスメタルバンド。月光第3楽章のハイテンション&ドラマティックぶりを何倍にも増幅させたアツい曲。

ピアノソナタ第14番「月光」/GYZE「moonlight sonata」日本のメロディック・デスメタルバンドGYZE(ギゼ)。 2017年発売のアルバム「Northern Hell Song」収...

 

ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》より「冬」/GYZE「VIVALDI WINTER」

「冬 第1楽章」を弦楽四重奏ならぬ”エレキギター四重奏”でカバー。収録アルバム『ASIAN CHAOS』は和風メロディックデスメタルな良い作品。

協奏曲集《四季》より「冬」/GYZE「VIVALDI WINTER」北海道出身のメタルバンドGYZE(ギゼ)。アルバム『ASIAN CHAOS』収録の「VIVALDI WINTER」はヴィヴァルディの協奏...

 

バッハ:小フーガ ト短調/X「ROSE OF PAIN」

平成元年リリースの、クラシック×ジャパニーズロックのパイオニア的曲。記事内で「ART OF LIFE」にも触れています。

小フーガ ト短調/X「ROSE OF PAIN」説明不要のバンド"X JAPAN"。中心人物のYOSHIKIがドラム兼ピアノ担当であり、更にハードロック/メタルとクラシック両方に音楽的...

 

バッハ:トッカータとフーガ・オペラ座の怪人/MALICE MIZER「聖なる時 永遠の祈り」

日本のヴィジュアル系バンドが宗教音楽に挑戦した曲。収録アルバム「薔薇の聖堂」は「現代版レクイエム風オラトリオ」といった感じでクラシック色がとても強い名盤。教会音楽入門にもおススメ。

トッカータとフーガ・オペラ座の怪人/MALICE MIZER「聖なる時 永遠の祈り」Gacktがソロデビュー前に所属していたバンドとして有名なMALICE MIZER(マリスミゼル)。 そんなMALICE MIZE...

 

モーツァルト:交響曲第25番/CROSS VEIN「Masquerade~交響曲第25番~」

日本のシンフォニックメタルバンド。女性ヴォーカル×アニソンヴィジュアル系な雰囲気。交響曲25番を解体&再構築した面白い曲。

交響曲第25番/CROSS VEIN「Masquerade~交響曲第25番~」 2008年結成の日本のシンフォニックバンドCROSS VEIN。 2018年にリリースされたアルバム「Gate of Fan...

 

リスト:死の舞踏 / LIV MOON「死の舞踏~ディエス イレ~」

日本のシンフォニックメタルバンド。珍しい「死の舞踏」を本格派Vo&バンドサウンドで大胆に引用した曲。

死の舞踏/LIV MOON「死の舞踏~ディエス イレ~」日本のシンフォニックメタルバンドLIV MOON(リブムーン)。「死の舞踏~ディエス イレ~」という楽曲で、リストの「死の舞踏」を引用し...

スメタナ:《わが祖国》よりモルダウ/藤澤ノリマサ「幻影」

“ポップオペラ”を提唱するテノール歌手のアルバム「VOICE OF LOVE~愛の力~」収録。「和製男性版WITHIN TEMPTATION」とでも形容できそうな、オペラ歌唱のミドルテンポシンフォニックメタル。ドラマティックなメロディと曲展開の、隠れた名メタル曲。

藤澤ノリマサ「VOICE OF LOVE〜愛の力〜」『ポップオペラ』を提唱する歌手、藤澤ノリマサのデビュー・アルバム「VOICE OF LOVE〜愛の力〜」。オリジナル・アルバムでありなが...

 

Sound Horizon「宵闇の唄」

曲中にクラシックメドレーが挿入される、アニソン×クラシック×プログレメタルの傑作。

Sound Horizon「宵闇の唄」今回紹介するのはSound Horizonの「宵闇の唄」。以下の曲を引用しています。その数6曲。 モーツァルト「ア...

 

月光・幻想即興曲・美しきパースの娘/Ceui「ベアトリーチェX事件」

3曲を引用した全20分に渡る大作。そして曲中で連発される変拍子。やんごとなきプログレ。

月光・幻想即興曲・美しきパースの娘/Ceui「ベアトリーチェX事件」ベートーベンのピアノ・ソナタ第14番「月光」 ショパンの「幻想即興曲」 よく似ていると言われる二曲ですが、これらを一...

 

MAHATMA(マハトマ)「Romance」

群馬出身のロックバンド。クラシックカバーではありませんが、哀愁漂うシンフォニック&プログレロック×90年代マイナーJPOPの、超ドラマティック&カオスな曲。

MAHATMA(マハトマ)「Romance」今回紹介するのは群馬出身の"クリエイティブ・ロックバンド"MAHATMA(マハトマ)の1曲「Romance」。7分の大曲です。 ...

 

ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》/LOS CANARIOS「Ciclos」

スペインのプログレッシブ・ロックバンド。《四季》を全曲カバー・アレンジした、全73分ノンストップのプログレ超大作。

協奏曲集《四季》/LOS CANARIOS「Ciclos」スペインのプログレッシブ・ロックバンドLOS CANARIOS(ロス・カナリオス)。 1974年発売のアルバム「Ciclos(シク...

 

ムソルグスキー:交響詩『はげ山の一夜』/New Trolls「Una Notte Sul Monte Calvo」

イタリアのプログレッシブ・ロックバンド。オーケストラと共演を果たしたアルバム「コンチェルト・グロッソ」が有名。この曲は「アトミック・システム」収録。

交響詩『はげ山の一夜』/New Trolls「Una Notte Sul Monte Calvo」今回紹介するのはイタリアのプログレッシブ・ロックバンド"ニュー・トロルズ"の1曲「Una Notte Sul Monte Calvo」で...

 

ムソルグスキー:交響詩『はげ山の一夜』/Fireballet「Night on Bald Mountain」

アメリカのプログレバンド。ゲーム音楽のようなクラシックカバー。

交響詩『はげ山の一夜』/Fireballet「Night on Bald Mountain」元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドがプロデュースしたアメリカのプログレッシブ・ロックバンドFireballetの1975年リリー...

 

ムソルグスキー:展覧会の絵/エマーソン,レイク&パーマー 「Pictures at An Exhibition」

イギリスの有名なプログレバンド。クラシックカバー&ライブアルバムなのに彼らの代表作となっている名盤。

展覧会の絵/エマーソン,レイク&パーマー 「Pictures at An Exhibition」今回紹介するのは、エマーソン・レイク・アンド・パーマーのアルバム「Pictures at An Exhibition」です。 ...

 

チャイコフスキー:くるみ割り人形/エマーソン,レイク&パーマー「Nut Rocker」

アルバム「展覧会の絵」のボーナストラック。

くるみ割り人形/エマーソン,レイク&パーマー「Nut Rocker」今回紹介するのは、プログレッシブ・ロックバンド「エマーソン,レイク&パーマー」の「Nut Rocker」です。 1...

 

山の魔王の宮殿にて・春の祭典/Egg「Symphony No. 2」

ELPにトリオジャズの要素を加えたようなイギリスのプログレバンド。希少な《春の祭典》カバー。良い曲。

山の魔王の宮殿にて・春の祭典/Egg「Symphony No. 2」イギリスのプログレッシブ・ロックバンドEgg(エッグ)。 デビューアルバム『Egg』の中の一曲、「Symphony No. 2」で...

バッハ:トッカータとフーガ ニ短調/Egg「Fugue In D Minor」

「Symphony No. 2」と同じアルバムに収録。ベースが超かっこいい、クールなプログレフーガ。

トッカータとフーガ ニ短調/Egg「Fugue In D Minor」イギリスのプログレッシブ・ロックバンドEgg(エッグ)。 デビューアルバム『Egg』の中の一曲、「Fugue In D Minor...

 

ジャゾット:アルビノーニのアダージョ/ルネッサンス「Cold Is Being」

イングランドのプログレバンド。シンフォニック&フォルクローレなサウンドがオシャレ且つ馴染みやすいバンド。この曲はシンプルなオルガン曲。

アルビノーニのアダージョ/ルネッサンス「Cold Is Being」イングランド出身のプログレッシブロックバンド、ルネッサンス(Renaissance)。 1974年リリースのアルバム、『運命のカー...

グリーグ:組曲《ペールギュント》/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「In The Hall of The Mountain King」

「朝」「山の魔王の宮殿にて」をメドレー風に繋いだカバー。ELOがプログレと言われる所以が解る曲。

組曲《ペールギュント》/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「In The Hall of The Mountain King」1970年代にアメリカで人気を博した、イングランド出身のロックバンド、ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA(エレクトリック・...

Opus Avantra「内省(Introspezione)」

イタリアのプログレバンド。オリジナル作ですが、プログレよりも、現代音楽寄りの作風でクラシック的です。大名盤。

Opus Avantra「内省(Introspezione)」「薔薇の花(Rosa rosae)」今回紹介するのは、イタリアのプログレッシブ・ロックバンドOpus Avantra(オパス・アヴァントラ) が1974年にリリースしたアル...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。