複数曲を引用した曲

インベンション第13番・交響曲第25番・レクイエム/CHILDREN OF BODOM「Red Light In My Eyes, Pt. 1/Pt. 2」

フィンランドのメロディック・デスメタルバンドCHILDREN OF BODOM(チルドレン・オブ・ボドム)。美しくも激しい、クラシック×メタルサウンドのスタイルを広めた、重要バンドの一つです。

「Red Light In My Eyes, Pt. 1」でバッハのインベンション第13番、「Red Light In My Eyes, Pt. 2」でモーツァルトの交響曲第25番とレクイエムの「Confutatis」を引用しています。

 

Pt.1がこちら。イントロ及び間奏の部分。

 

こちらがPt.2。こちらもイントロと間奏で引用。目まぐるしい展開を4分に凝縮した、濃密な曲。様式美を感じます。デスメタルが苦手な人でも、この曲なら聴けるのでは??

1997年のデビューアルバム『Something Wild』収録。

 

Pt.1で引用されているバッハのインベンション第13番は、白鍵のみで演奏できるイ短調で作曲されており、シンプルで美しい対位旋律から成る、マイナーキーで美しい曲です。

そういった要素もあり、全て違う調で作曲されている15曲あるバッハのインベンションの中でも、第13番は特に有名な曲です。

原曲はこちら。チェンバロの音色が美しい…。

 

「Red Light In My Eyes, Pt. 2」で引用されている原曲はこちら。どちらもモーツァルトの有名なマイナー曲。

 

 

他にもCHILDREN OF BODOMはクラシック曲を引用した楽曲を発表しています。こちらの記事で紹介しています。

ピアノ協奏曲第20番/CHILDREN OF BODOM「Black Widow」フィンランドのメロディック・デスメタルバンドCHILDREN OF BODOM(チルドレン・オブ・ボドム)。メロディアスなメタルにデスヴ...
ABOUT ME
syro
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。