スメタナ

連作交響詩《わが祖国》より「モルダウ」/OST+FRONT「Moldau」

ドイツのインダストリアルメタルバンド、OST+FRONT(オスト フロント)の楽曲「Moldau」スメタナ連作交響詩《わが祖国》の一曲、「モルダウ」のメロディを大々的に使用しています。


2016年の3rdアルバム『Ultra』に収録。

 

過激でホラーなビジュアルであるOST+FRONTの曲調は、シンプルなリズムにシンセや電子音を加えた「踊れるメタル」。Slipknotや同じドイツ出身のDIE KRUPPS・RAMMSTEINらのフォロワーと言えるでしょう。RAMMSTEINと比べるとB級感がありますが、これはこれで良い。

ちなみにバンド名のOST FRONTというのは和訳すると”東部戦線”となり、第一次・二次世界大戦でドイツ軍が(主にロシア軍に対峙して)東に展開していた戦線の事を指すようです。

 

こちらは代表曲の一つ「Mensch」。


かなり単調に振り切ったダンサブルな曲調に、マイナーでシンフォニックなシンセも加わり、個人的にとても好みの音です。ドイツ語の歌唱も、何とも言えない土着的な雰囲気を醸し出しています。いいバンド見つけた。

 

こちらは「Arm & Reich」。MVが過激なため年齢制限付きですが、超キャッチ―でノリノリのインダストリアルメタル。


 

Theatre of Tragedyの5thとかこのOST+FRONTみたいな節操の無い音が個人的に大好き。


 

チェコの作曲者、スメタナによる原曲「モルダウ」はこちら。故郷であるチェコのモルダウ川(ブルタバ川)の流れる様を音楽で表現した曲です。モルダウ川は長大で、OST+FRONTの出身であるドイツも通ります。

ABOUT ME
syro
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。