モーツァルト

レクイエム/Stefan Wurz&La Réjouissance Youth Orchestra 「RockQuiem」

今回紹介するのは、モーツァルトのレクイエムを全曲オーケストラ&ロックサウンドでアレンジしたアルバム、「RockQuiem」です。

2019年リリース。リンク先で全曲試聴できます。

 

作曲者のStefan Wurzはドイツの音楽家です。バンド活動やミュージカル音楽の制作など多方面で活躍している方のようです。

この「RockQuiem」プロジェクトは、モーツァルトのレクイエムと現代のロック音楽を組み合わせた、歌手・合唱・ダンサー・ロックバンド・オーケストラによる音楽とダンスショーです。

原曲のレクイエムは合唱のみですが、「RockQuiem」は曲ごとに普通のボーカルやソリスト(オペラチックな独唱)も入り混じります。

2003年にプラハで初演。その後もヨーロッパ数か国で上演されているそうです。

 

 

こちらは3曲目の「Dies Irae(怒りの日)」。原曲をしっかりとなぞりながらも更に派手に強化されたオーケストレーションに、激しいギターとドラムが加わるサウンドは、迫力があります。

 

こちらは劇場での様子のダイジェスト動画。「RockQuiem」をバックに、バレエやミュージカルのような演劇が繰り広げられます。

 

この「RockQuiem」、正直演奏やサウンドプロダクションは今一つな部分もありますが、それを補って余りある個性と魅力があります。

 

時にはプログレロック風に、時にはミュージカルやオペラティックに、時にはシンフォニクメタルのように表情を変えながら、全14曲からなるレクイエムを全曲アレンジしています。

 

有名な曲は知っていても、全曲聴いたことは無い方も多いと思われるモーツァルトのレクイエム。これを機会に一度通して聴いてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。