モーツァルト

交響曲第40番/東方神起「Tri-Angle」

神話(SHINHWA)に続いて日本デビューし、日本におけるK-POPの先駆者となった東方神起

デビュー・アルバム「TRI-ANGLE」収録のタイトルトラック「Tri-Angle」で、モーツァルトの交響曲第40番 第1楽章をサンプリングしています。

今と比べると、尖っています。いろいろ尖っています。

2004年リリース。ベストアルバム等への収録は今の所無く、このアルバムにのみ入っています。

 

この曲、 当時既に日本で人気だった韓国出身の歌手BoAと、YOSHIKIプロデュースで同年2004年に日本デビューした韓国出身ロックバンドThe TRAXと共演しています。

作曲はK-POPの曲を多く手がけるユ・ヨンジン。

 

モーツァルトの原曲はこちら。モーツァルトの憂いのあるメロディ、ダークサイドな面を存分に味わえます。

 

東方神起の「Tri-Angle」は交響曲第40番の冒頭のメロディを繰り返しながら、激しめのR&B風ダンス・ポップ調の展開で始まります。

またThe TRAXのヘヴィなバンドサウンドも登場し、クラシカルなストリングスとディストーションギターとR&Bリズムが混ざった独自の曲調になります。

 

ずっと冒頭のメロディだけをループさせてきた交響曲第40番。サビ後半でようやく続きの旋律が登場し、原曲を知っているリスナーからは焦らされた後のカタルシスを感じる曲展開で、ようやくキターといった感じです。サンプリングの仕方が上手い。

 

また曲中盤から2度大胆に曲調が変化し、BoAとThe TRAXのソロパートが挿入されます。The TRAXは正直中途半端なスクリーモで無理やりシャウトしたX JAPANのToshi、といった感じですが、クラシカルR&Bミクスチャーといった曲調のこの曲にはこの程度でちょうど良い気もします。この曲調であんまりガチにメタルコアをされても、ね。

そんなThe TRAXのパートから元の曲調に戻る所がカッコいいです。1番の聴きどころ。

 

多様なアーティストとコラボしながら、多くの要素を混ぜ込んでいる「The-Angle」。ド派手でオンリーワンな雰囲気に仕上がっており、とても面白い曲です。

協奏曲集《四季》より「冬」/FTIsland「Missing U」今回紹介するのは、日本でも精力的に活動している韓国のロックバンドFTIsland。「Missing U」という曲で、ヴィヴァルディの協奏...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。