ヴィヴァルディ

協奏曲集《四季》より「冬」/FTIsland「Missing U」

今回紹介するのは、日本でも精力的に活動している韓国のロックバンドFTIsland。「Missing U」という曲で、ヴィヴァルディの協奏曲集《四季》の「冬」第1楽章を引用しています。

2009年リリースの韓国盤ミニアルバム「Jump Up」収録。日本盤での音源発売は今の所無いようで、当該アルバムか台湾盤ベストアルバム「BEAUTIFUL HITS FOR ASIA VOL.2」、もしくはこちらのリンクからitunesで購入しましょう。

 

ヴィヴァルディの原曲はこちら。

 

美しいメロディを繰り返しながら徐々に基音を下げていく、ヴィヴァルディ特有のメロディ。そのまま当てはめるだけでマイナー進行の完成です。

 

原曲では上がって下がって上がって下がって…を繰り返しながら徐々に下がっていくメロディ。

FTIslandの「Missing U」のサビの部分では、原曲と歌メロを1小節ずらして重ねる事で、下がって上がって下がって上がって…の順番になっています。先に下降させるコード進行にする事で、原曲の切なさを更に活かす事に成功しているアレンジです。

またサビ前に先行して「冬」の印象的なヴァイオリンを登場させる事で、サビへの弾みをつけて曲のドラマ性を高めることにもなっています。間奏のクラシカルなギターソロも良いです。

歌詞は韓国語なので解りませんが、まぁ別れの歌でしょう。ヴィヴァルディの「冬」が持つ切なくも激情的な雰囲気を恋愛になぞらえて表現しています。

カッコいい引用だなぁ。

交響曲第40番/東方神起「Tri-Angle」神話(SHINHWA)に続いて日本デビューし、日本におけるK-POPの先駆者となった東方神起。 デビュー・アルバム「TRI-ANG...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。