クラシック風の曲・アーティスト

クラシック・ミーツ・ヒップホップユニット「faith」

このサイト「クラシック・バリエーションズ」は主にクラシックとJPOPを始めとした他ジャンル音楽との架け橋的なポジションを目指しているわけですが、

そんなサイトデザインを作るきっかけとなったユニットの一つが今回紹介する「faith」です。

 

代表曲は「2girls ~in the sepiatone~」。リンク先で視聴できます。

私も外出先の有線放送でこの曲を聴いたのがfaithとの出会いでした。

 

2005年にデビューし「クラシック&ブラックミュージック」な曲を次々と発表したfaith。デビュー曲の「Love Song」で既に音楽性は完全に確立されていました。

しかし3枚のアルバムをリリース後、2009年に活動を停止しました。非常に残念です。

 

中心人物は何と言ってもトラックメイカー&ピアノ兼ラップ担当のjamという方。ライブではピアノを弾きながらラップを披露していたそうです。

元々クラシックの素養がある中でHIPHOPに傾倒していき、おそらくはSWEET BOXや平原綾香のヒットを受けてのデビューという経緯なのでしょうが、後追いと呼ぶにはもったいない素晴らしいトラックメイカーです。アルバム3枚で表舞台から姿を消したのは大変もったいないです。

 

 

クラシックとヒップホップの融合と言えば前述の通りSWEET BOXが先駆けであり、クラシック&ポップスといえば世界的にはサラ・ブライトマン、日本では平原綾香や藤澤ノリマサを始めとしたクラシカル・クロスオーバー歌手が数多く誕生しているのですが、

faithはそのほとんどがオリジナル曲という点でこれらのアーティストとは異なります。クラシック曲をサンプリングしたのは解散直前のシングル1枚のみです。

 

このサイトではそのクラシックカバー曲2曲をそれぞれ紹介していますが、はっきり言ってこの2曲、オリジナルの曲に比べるとイマイチです。

サンプリング曲はトラックがメロディアス且つ既知の旋律なので対位旋律的な楽しみ方ができはしますが、サンプリング曲が退屈に聴こえる程にfaithのオリジナルトラックはクラシック的であり個性を確立していました。

 

faithの”様式美”

クラシックの魅力といっても言い尽くせない程の要素があるのでしょうが、その内の一つに「様式美」があります。形式的で決まり事の多いクラシックは、メロディの終わり方や曲展開など、ある程度「いつものやつ」があります。

作家毎にもそれぞれの様式美があります。モーツァルトのピアノ協奏曲なんかは、まさに「いつものやつ」といった感じで、1聴してそれと解る個性があります。

 

faithのトラックもワンパターンという捉え方もできるかもしれませんが、やはりクラシカルユニットという事を踏まえると「様式美的」という解釈の方が妥当のように思えます。

曲展開も様式美的で、トラックの結びはいつもの和音進行で「そうそうこれこれ」と聴いていてうれしくなってきます。8小節程度のトラックをループさせるHIPHOPでは何度も「そうそうこれこれ」が出てくるため、そういった「繰り返す予定調和」が中毒性を高めているのだと思います。そう考えるとクラシックとブラックミュージックというのは相性が良いのだなぁと感じます。

 

優雅なピアノと弦楽器の音色を纏ってリズミカルな曲を歌うスタイルは、唯一無二でした。

 

 

クラシックの敷居の高さの要因は、やはり多くは「歌メロがない」「リズム感がない」「1曲が長い」だと思うのですが、

クラシック曲を短くリズミカルにボーカル付きで歌うクラシックカバーだけでなく、クラシックの手法を用いて一から今風の曲を作るというスタイルはとても貴重なものでした。

 

ただのSWEETBOXの二番煎じなんかでは決してない、という点を強く強調して締めたいと思います。

 

おすすめCD

クラシックのカバー曲を取り扱うサイトですが、faithの2曲のクラシックカバーを収録している3rdアルバムは、全体的にややポップなので比較的オススメできません。

ベストアルバムも長調の曲が並ぶためfaithの魅力を十分収録しているとは言えず、また通して聴くと単調でもあります。

クラシカルリミックス・アルバムもありますが、やはりfaithの魅力はクラシック要素とブラックミュージックのバランス感覚にあるため、クラシックに寄り過ぎたサウンドもまた魅力に欠けます。

 

というわけで、1st・2ndアルバムが絶対的におすすめです。

視聴は以下のitunesリンク先で。

1st「Letter to the Future」

2nd「INVENTION」

 

 

faithがリリースした2曲のクラシックサンプリング曲も個別記事にて紹介しています。

合わせて読んでください!

ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」/faith「Two Futures」 今回紹介するfaith の「Two Futures」。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」の第2楽章をサンプリング...
乙女の祈り/faith「恋の天使~乙女の祈り~」 今回紹介するfaith の「Two Futures」。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」をサンプリングした楽曲です...

 

faithが好きな人はこちらもどうぞ。カノンをサンプリングした、かなりfaithにスタイルの近い曲です。

カノン/twenty4-7「Get A Life~Again~」大阪出身の女性HIPHOPデュオtwenty4-7。2012年リリースの6thシングル「Get A Life~Again~」で、パッヘル...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。