ショパン

24のプレリュード 第20番/エステル「Changes is coming」

イギリスのラッパー/歌手のEstelle(エステル)。デビューアルバム『18th Day』収録の「Changes is coming」ショパンの「24のプレリュード 第20番」をサンプリングしています。


2004年リリース。

 

 

ショパンの原曲はこちら。ショパンにしては珍しく、マイナーでメロディアスな曲。

『24のプレリュード(前奏曲)』は、24曲全てが違う調で作曲されている、バッハの平均律クラヴィーアと同様のコンセプトを持った作品です。

今回使用されている20番はハ短調で構成されており、24曲のプレリュードの中でも、とても暗い雰囲気を持った曲で、「葬送」の異名を持ちます。

 

美しくも暗いメロディは人気があり、ラフマニノフがこの曲を引用した「ショパンの主題による変奏曲」という曲を作曲しています。


 

エステルの「Changes is coming」は、そんなショパンの印象的な旋律をシンセでサンプリングしており、原曲からはだいぶ雰囲気を変えたトラックに仕上がっています。選曲がナイス。マイナーでかっこええなぁ。

 

 

Estelleはカニエ・ウエストと共演した、2008年リリースの曲「American Boy」でグラミー賞最優秀歌曲賞を受賞するなど、有名になりました。


「Changes is coming」は、そんなEstelleがブレイクする前の曲です。

 

しかしHIPHOP/R&B系って、売れる前のデビュー時にクラシックを元ネタにしている人が多い。やっぱりインパクトがあるからでしょうか。

 

以下の曲は全てデビュー作でのクラシックサンプリング。多いなぁ…。

パヴァーヌ/Little Mix「Little Me」今回紹介するのは、イギリスのガールズ・グループLittle Mixの曲「Little Me」です。 フォーレのパヴァーヌをサンプリ...
パヴァーヌ/Xzibit「Paparazzi」アメリカのラッパーXzibit(イグジビット)。1996年のデビューシングル「Paparazzi(パパラッチ)」でフォーレの「パヴァーヌ...
《ロメオとジュリエット》より「モンタギュー家とキュピレット家」/Sia(シーア)「Taken for Granted」オーストラリアの歌手、Sia(シーア)。ここ数年流行りのエレクトロポップにオーストラリア人らしいトロピカンな要素をほんのり加えた音楽性と...
《ロメオとジュリエット》より「モンタギュー家とキュピレット家」/The Qemists「GOT ONE LIFE」イギリスの音楽グループThe Qemists(ザ・ケミスツ)。 2009年リリースの1stアルバム「JOIN THE Q」の中の1...
交響曲第40番/東方神起「Tri-Angle」神話(SHINHWA)に続いて日本デビューし、日本におけるK-POPの先駆者となった東方神起。 デビュー・アルバム「TRI-ANG...

 

 

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。