バッハ

小フーガ ト短調/X「ROSE OF PAIN」

説明不要のバンド“X JAPAN”。中心人物のYOSHIKIがドラム兼ピアノ担当であり、更にハードロック/メタルとクラシック両方に音楽的ルーツがあるという要素から、X JAPANの音楽性もクラシック的な要素を含んだHR/HMとなっています。

そんなXが1989年にリリースしたアルバム、「BLUE BLOOD」に収録されている楽曲「ROSE OF PAIN」で、バッハの「小フーガ ト短調」を引用しています。

リンク先で一部視聴できます。「紅」「X」「ENDLESS RAIN」収録。粗削りながらも良い曲揃い。未だに最高傑作と呼ぶファンも多いです。

 

「ROSE OF PAIN」はアルバムの中でも最長の12分近くに及ぶ長さの楽曲であり、「小フーガ」を引用したオルガン⇒ギターソロで始まるクラシカルなハードロック曲です。オーケストラとの共演も果たしています。

曲の途中にも「小フーガ」のフレーズが登場します。ギターソロやピアノソロもクラシカルです。

そして前半の6分間、たっぷりとロックバラードを演奏した後、疾走を始める展開がアツいです。この静と動のメリハリがXの魅力の一つでもあります。

ラストでは「小フーガ」のフレーズを勇ましくポジティブな雰囲気に転調させて再現し、幕を閉じます。ドラマ性の強い曲です。

 

バッハの原曲はこちら。

 

 

X JAPANとクラシック

バンド内では基本的にドラム担当ですが、作曲家兼ピアニストとしても認知されているYOSHIKI。クラシックにも造詣の深い人物です。

 

X JAPANの楽曲をオーケストラアレンジした作品『Eternal Melody』。

YOSHIKI選曲のクラシック・セレクションアルバム『YOSHIKI SELECTION』。
クラシカル・クロスオーヴァーの第一人者であるサラ・ブライトマンとのコラボ曲「Miracle」。この楽曲で紅白歌合戦にも出演しました。

そして何といっても全30分に渡る、クラシカルロックの傑作「ART OF LIFE」。シューベルトの交響曲「未完成」が引用されています。

交響曲第8番「未完成」/X JAPAN「ART OF LIFE」ART OF LIFEと"協奏曲" X JAPANとクラシックを語るうえで外せないのが大作「ART OF LIFE」です。 シュ...

 

等々。X JAPANとクラシック音楽の間には切っても切れない関係があります。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。