ベートーヴェン

交響曲第9番「歓喜の歌」/ユニコーン「半世紀少年」

奥田民生擁するバンド、ユニコーン。

メンバーの50歳を記念して製作された「半世紀少年」で、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章より「歓喜の歌」のメロディを引用しています。

2009年リリース。

ベートーベンの曲を引用しているのに何故かモーツァルトのコスプレ。クラシックを小馬鹿にしています。

 

ユニコーンのイメージとはだいぶ違う、ダンス風アレンジのラップ曲です。サビが”歓喜の歌”のメロディをアレンジしたものとなっています。

奥田民生の曲はほとんどメロディーラインが動かないものも多く、結果的に歓喜の歌の部分もいつもの”ユニコーン節”といった印象に仕上がっている不思議な曲です。(半世紀少年は川西作曲ですが…)

 

ユニコーン×クラシックといえば、何と言ってもオーケストラをフィーチャーしたメジャーデビュー曲の「大迷惑」。

1989(平成元)年リリース。まぁクラシックというよりは劇伴音楽的ですが、同年に発表されたX JAPANの「ROSE OF PAIN」と双肩を成す、ジャパニーズロック×クラシックのパイオニア。金字塔です。

小フーガ ト短調/X「ROSE OF PAIN」説明不要のバンド"X JAPAN"。中心人物のYOSHIKIがドラム兼ピアノ担当であり、更にハードロック/メタルとクラシック両方に音楽的...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。