バッハ

ブランデンブルグ協奏曲/Xzibit, Dr. Dre「Symphony In X Major」

アメリカのラッパーであるイグジビット(Xzibit)が, ラッパー兼HIPHOPプロデューサーのDr. Dreとコラボした曲、「Symphony In X Major」バッハのブランデンブルグ協奏曲をサンプリングしています。


2002年発売のアルバム「Man Vs Machine」収録。

 

こちらが原曲。ブランデンブルク協奏曲の中でも人気の高い、第3番第1楽章です。

引用されている部分は、主題のメロディが短調になって再登場する2:30~の部分。

 

美しいメロディのブランデンブルク協奏曲をエレクトロニクスアレンジでかっこよく仕上げています。クラシカルなメロディはヒップホップにもよく合います。

 

ブランデンブルグ協奏曲は、全6曲からなる協奏曲集です。バッハの楽曲群の中でも特にスタンダードな管弦楽曲であり、バッハの代表的な作品の一つです。

 

Xzibitは、こちらの記事で紹介しているクラシックカバーアルバムにも参加しています。オペラ歌手をフィーチャーしている面白いアルバムです。

コンピレーションアルバム「The Rapsody Overture: Hip Hop Meets Classic」今回紹介するのは、1997年に欧米でリリースされたアルバム、「The Rapsody Overture: Hip Hop Meets C...

 

もう1曲、クラシックをサンプリングした曲もあります。

パヴァーヌ/Xzibit「Paparazzi」アメリカのラッパーXzibit(イグジビット)。1996年のデビューシングル「Paparazzi(パパラッチ)」でフォーレの「パヴァーヌ...

 

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。