モーツァルト

アイネ・クライネ・ナハトムジーク&トルコ行進曲/島谷ひとみ「Camellia-カメリア-」

「亜麻色の髪の乙女」ではグループサウンズを。「パピヨン 〜papillon〜」では洋楽をカバーした島谷ひとみ。

クラシックもカバーしています。今回紹介するのは「Camellia-カメリア-」。

2006年リリース。

結婚式を模したミュージックビデオです。

 

この曲は、イントロ部分にモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第1楽章、

サビの部分に同じくモーツァルトの「トルコ行進曲」の第3楽章が引用されています。

 

モーツァルトの美しく流麗なメロディがピッタリです。

「Camellia-カメリア-」はト長調で作曲されており、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は原曲通りの調で、「トルコ行進曲」は調を変えて登場します。

「トルコ行進曲」の引用されている部分はイ長調なので、原曲よりも半音下がっています。

 

個人的には、サビでイ長調に転調する「Camellia-カメリア-」も聴いてみたかった(きっと劇的になりそう)ですが、ボーカルの音域の問題や、2種類の違う曲を一つにまとめるために調を統一する必要があったのでしょう。

結果的に、一聴しただけでは2つのクラシック曲が混じっているなんて気づかないくらい、違和感なく自然で美しい曲に仕上がっています。

 

 

作曲者 ”中野雄太”

「カメリア-Camelia-」の作曲者は”中野雄太”という方です。

音大出身との事でオーケストラサウンドがベースにある方ですが、浜崎あゆみや玉置成実などダンスミュージックの曲を数多く作っています。

 

またその一方で、クラシカルなサウンドの曲をつくったり、ポップスの割には前衛的なアレンジをしたりする方です。

浜崎あゆみ / Free & Easy

浜崎あゆみ / Mirrorcle World

ON/OFF「輪舞曲-ロンド-」

 

 

「カメリア-Camelia-」もまた、トランス調のアレンジにピアノとクラシックのメロディを融合した曲であり、ダンスミュージックとクラシックがベースにある中野雄太氏の本領発揮と言えるでしょう。

 

 

 

他にも良い曲が多いのでベストアルバムがおすすめ。

 

島谷ひとみは他にも、バッハの曲を引用した「愛歌」や、オーケストラをバックに据えたド派手なサウンドを堪能できる「Destiny-太陽の花-」等、クラシックをベースにした名曲があります。

「愛歌」は「カメリア-Camelia-」と同じ、中野雄太氏の作曲です。「カメリア-Camelia-」が好きな方は絶対に気に入る素晴らしい曲です。

こちらの記事でじっくり紹介しています。是非見てみてください!!

島谷ひとみ「Destiny -太陽の花-」島谷ひとみと「crossover」 crossover(クロスオーバー)というのは、2つの物が交わるといった意味の英語ですが、音楽でも...
カンタータ147番(主よ、人の望みの喜びよ)/島谷ひとみ「愛歌」「crossover」をコンセプトに掲げ、クラシックやその他ジャンルの音楽とポップスとの融合を試みた島谷ひとみ。今日紹介するのは。アルバ...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。