クラシック風の曲・アーティスト

オーケストラアレンジのアニソン特集

 

アニメを彩る主題歌には、派手で壮大なサウンドが似合います。

古くは鉄腕アトムや宇宙戦艦ヤマトに始まり、オーケストラアレンジのアニメソングは今までに数多く誕生してきました。

 

今回は既存曲のオーケストラアレンジ等ではなく、アニメソングやキャラクターソング、声優ソングなどアニメに関した歌&ゲームソングで原曲自体がオーケストラサウンドの楽曲を集めてみました。

管弦楽や多彩な打楽器等を使用した派手な曲を中心に、年代別に紹介していきます。

2010年~

TVアニメ『進撃の巨人』OPテーマ/Linked horizon「紅蓮の弓矢」

有名アニメ『進撃の巨人』を象徴する代表曲。

軍歌を意識して作られたという、勇ましい管弦楽器と合唱が印象的な曲。フルサイズの中間部ではキーボードも登場し、プログレッシブロック的展開を見せます。一旦大きく変化を付けた後、最後の最後に激アツの主題が再び帰ってくる、美しい三部形式的展開を5分に濃縮した、クラシカルアニソンの傑作。


2013年リリース。

オルタナティブ・プロジェクトのSound horizonもクラシック的な要素満載の作品を数多くリリースしています。

Sound Horizon「宵闇の唄」今回紹介するのはSound Horizonの「宵闇の唄」。以下の曲を引用しています。その数6曲。 モーツァルト「ア...

 

Linked horizon「Thema of Linked horizon」

PSPゲーム『ブレイブリーデフォルト』への提供曲を収録した1stアルバム『ルクセンダルク大紀行』の一曲目。
sound horizonのオーケストラ要素を強化させ、語りやストーリーのパートを削ぎ落すことで純粋な音楽としての側面をパワーアップさせた曲。そのおかげで10分近くハイテンションを保ち続ける名曲。


2012年リリース。

 

TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』『戦姫絶唱シンフォギアGX』挿入歌/水樹奈々「FINAL COMMANDER」「Glorious Break」

作曲家上松範康が原案・企画・BGM等も手掛けるアニメの挿入歌。物語中でも”歌”が大変重要な要素となります。劇半音楽もカッコいいんです。


「Glorious Break」と対となる楽曲「Exterminate」も派手な管楽器が特徴的な楽曲です。

それぞれ2019年・2015年リリース。

 

水樹奈々「アヴァロンの王冠」

「FINAL COMMANDER」「Glorious Break」よりも、更にオーケストラ要素が強い曲。
ゲームのボス戦のようなド派手でシリアスなオーケストラサウンドに乗せてドラマティックなメロディを歌います。
作曲はElements Gardenの藤田淳平。水樹奈々で一曲選ぶなら個人的にはこれ。
2012年収録のアルバム『ROCKBOUND NEIGHBORS』収録。リンク先で試聴できます。

 

TVアニメ『ラブライブ!』挿入歌「これまでのラブライブ!~ミュージカルver.~」

アニメ2期の第1話で、1期のあらすじをミュージカルチックに歌う小曲。ジャパニーズアニメ×ミュージカルの可能性を感じる、フルサイズで聴いてみたかった一曲。
2014年発売のアニメ2期サウンドトラックに収録。

 

PS4ゲーム『新サクラ大戦』劇中歌「鉄の星」「円卓の騎士」「虹の彼方」

15年ぶりの新作となったサクラ大戦。シリーズ恒例の田中公平による絢爛豪華な楽曲が並びます。




2020年リリース。

 

劇場版アニメ『響け! ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』主題歌/TRUE「Blast!」

吹奏楽部をテーマに扱った小説原作のアニメ。TVアニメの主題歌含め、管楽器をフィーチャーした軽快で爽やかな楽曲が多数使用されます。中でも多彩な楽器が登場し壮大なサウンドな、お勧めの一曲。
歌手のTRUEは月9ドラマ主題歌も歌った事がある、作詞家兼歌手である唐沢美帆の別名義。
2019年リリース。サントラにはボーカルはそのままに派手で超壮大なガチブラスバンドアレンジの「Blast! (TRUE & Wind Orchestra Ver.)」が収録。こちらもおススメ。

 

PS4ゲーム『ニーアオートマタ』挿入歌「イニシエノウタ-贖罪-」

“ニーア”シリーズを代表する曲の一つ。暗くシリアスで独特な曲調が特徴的な楽曲。

同シリーズのゲーソンには他にも『ドラッグオンドラグーン』主題歌「尽きる」・『ドラッグオンドラグーン3』主題歌「This Silence is Mine」等狂気を感じるシンフォニック曲が多数あります。
2017年リリース。

 

ALI PROJECT「卑弥呼外伝」

ド派手で個性的なストリングスサウンドで、クラシカル&ゴシックな世界観をアニソンに持ち込んだパイオニア。
こちらの曲はロシアンクラシックにアジアンテイストを加えたような、壮大な楽曲。
夜の女王のアリアをモチーフにしたようなオペラパートも登場するフルサイズはもっと凄いぞ。


2017年リリース。

 

 

 

次ページは2010年代第二弾!

1 2 3 4 5
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。