ベートーヴェン

ピアノソナタ第14番「月光」/Eternal Melody「Rose Bud -Ⅰ. into the sorrow-」「Rose Bud -Ⅱ. into the fear of desire-」

“ゴシック×トランス”をテーマとした楽曲を制作している同人音楽サークルEternal Melody

ベートーヴェンのピアノソナタ第14番《月光》を引用している楽曲、「Rose Bud -Ⅰ. into the sorrow-」「Rose Bud -Ⅱ. into the fear of desire-」を紹介します。

2016年リリース。Eternal Melodyの作品の中でもクラシック要素が強い作品です。

中でも2曲目の表題曲「ALUCARD」はシンセやオルガン・ストリングス等でクラシカルなフレーズが多く登場する曲です。間奏ではネオクラばりのギターソロも登場します。

また歌詞にも「ワルツの中で響く弦楽の音」「シュトラウスの耽美なメロディ」等クラシックのモチーフが登場します。もしかして他にも何かの曲を引用しているのでしょうか。

クラシカルなコードを弾きながらもポップス的転調を見せるアウトロが新鮮です。

 

 

本題に入りますが、『月光』を引用している「Rose Bud -Ⅰ. into the sorrow-」「Rose Bud -Ⅱ. into the fear of desire-」は、
アルバムのラストに配置されている、全2曲から成る組曲です。合わせて12分程度。

一曲目の「Rose Bud -Ⅰ. into the sorrow-」の冒頭のパートで、第一楽章のピアノを引用しています。その後激しいアレンジでイントロが始まりますが、ここの始めのベースラインやAメロのコード進行も第一楽章をモチーフにしたようなラインになっています。これがカッコいい。

ノンストップで続く二曲目「Rose Bud -Ⅱ. into the fear of desire-」の間奏で第三楽章のフレーズが登場します。ラストに再び第一楽章の主題が演奏され、幕を閉じます。

『月光』をとても効果的に使用した、ドラマティックな曲となっています。ベートーヴェンを引用している部分以外も、クラシカルなメロディのシンセが登場します。

この「Rose Bud」に関して言えば、ゴシック×トランスというよりも、シンセドラムとシンセベースを強調し女性ヴォーカルとピアノをフィーチャーしたV系ロックという感じです。

“Eternal Melody”といえば、X JAPANの楽曲をオーケストラアレンジしたアルバムのタイトルが「Eternal Melody」ですが、今回紹介している音楽ユニットのEternal Melodyも、ヴォーカルの雰囲気やシンプルながらもマイナーで儚い歌メロ等、どことなくX JAPANらしさがある気がします。

 

Eternal Melodyには他にもクラシックを引用している曲があります。「Black Swan」では、イントロと間奏でチャイコフスキーの白鳥の湖の一曲「情景」を引用しています。


2019年リリース。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。