ベートーヴェン

ピアノ協奏曲第3番/love solfege「divine」

ポップスとクラシック音楽のエッセンスを独自のバランス感覚で融合させた楽曲を数多く発表しているアーティストlove solfege

 

「divine」という楽曲は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を引用した楽曲となっています。

 

2005年リリースのアルバム『Mignon』の8曲目に収録。こちらで試聴できます。

聖歌をそのままアップテンポにして打ち込みアレンジに仕上げた表題曲「Mignon」、ゆったりしたテンポでヘンテコな変拍子&転調を連発する癖に超キャッチーな「Beyond the Dark」、サラブライトマンのHaremのような中東風ダンスミュージック「Jhule L`alan」等、個性的な楽曲が並ぶ作品です。

 

現在CDは廃盤となっており、DL販売でのみ入手可能です。

BOOTH

Bandcamp

 

ベートーヴェンの原曲はこちら。引用しているのは第3楽章。

原曲もピアノとオーケストラの掛け合いがコミカルで美しい楽曲ですが、「divine」は第3楽章の主題をモチーフとしつつも、ソロヴォーカルや合唱も加えてオリジナルな展開を見せ、クラシカルな雰囲気は残しながらもポップでチャーミング・かつドラマティックに仕上げています。

「divine」も原曲同様、様々な展開を挟みながら主題を何度も繰り返すロンド風の曲展開になっており、原曲の主題が印象的で耳に残ります。

 

また原曲同様主題を何度も転調させたり、オーケストラのメロディも原曲に似せていたりとクラシック曲とオリジナルのポップスの境界線が曖昧な、まさしく”クラシカルアートポップス”な一曲です。

 

"クラシカルアートポップス"ユニット「love solfege」今回紹介するのは、私がこのサイトを立ち上げるきっかけの一つにもなった存在でもある「love solfege(ラブ ソルフェージュ)」です...

 

インベンション14番/love solfege「protomimesis#14」"クラシカルアートポップス"をコンセプトに、クラシックと様々なジャンルの音楽の融合を試みる日本の音楽グループ"love solfege(...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。