ヘンデル

オペラ《セルセ》より「オンブラ・マイ・フ」/ 手嶌葵「オンブラ・マイ・フ~Ombra mai fu」

ジブリ映画《ゲド戦記》、月9ドラマ《いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう》主題歌などで有名なシンガー、手嶌葵

ヘンデルのオペラ《セルセ》のアリア「オン・ブラ・マイフ」をカバーしています。
2019年リリースのベストアルバム《Highlights from Aoi Works II》収録。リンク先で一部試聴できます。

 

ピアノ一本で囁くように歌う、シンプルなバラードです。テノールで歌い上げる原曲とは全く違った素朴な雰囲気がたまりません。

 

とはいえ彼女の他のポップス作品とは全く雰囲気が異なります。世俗感の無いクラシカルな曲をこの歌声で歌うからこそ、表現できるオンリーワンの世界観です。名カバー。

余計なアレンジが無い方が断然映える、貴重な歌声。

 

本木雅弘主演の映画《長い言い訳》の主題歌として制作された曲。予告映像のラストで少し「オンブラ・マイ・フ~Ombra mai fu」が流れます。

邦画らしい、辛気臭くも内省的でパーソナルなドラマに焦点を当てた映画。そんな映画にこの主題歌はとても合っています。

「オン・ブラ・マイフ」の歌詞と映画の内容を念頭に入れて聴くと、更に何倍も感慨深いものがあります。

かつて、これほどまでに
愛しく、優しく、
心地の良い木々の陰はなかった

 

 

この曲を聴くと、坂本龍一が作曲し坂本美雨が歌唱した、高倉健主演の映画《鉄道員》の主題歌を思い出します。やっぱり邦画の主題歌はこうでなくちゃ。

 

 

ヘンデルの原曲はこちら。オペラ《セルセ》の冒頭に歌われるアリアです。

 

ちなみに私のサイトでは2曲この曲のカバーを取り上げています。どちらも全く雰囲気の異なる曲です。

Sweetbox「Classified」クラシックのサンプリングを広めた第一人者でもあるドイツ出身の音楽ユニット「Sweetbox(スウィートボックス)」の2ndアルバム「Cl...
Epica「The Classical Conspiracy」オランダ出身のシンフォニックメタルバンドEpica(エピカ)。 今回紹介するアルバム「The Classical Conspira...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。