バッハ

トッカータとフーガ ニ短調/EMINEM「Brainless」

様々なサンプリングをしているアメリカのHIPHOPアーテイストEMINEM(エミネム)。

もちろん(?)クラシックをサンプリングした曲もあります。「Brainless」という曲です。バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」をサンプリングしています。

2013年リリース「The Marchal Mothers LP 2」に収録。大ヒットアルバム「The Marchal Mothers LP」の続編的な作品ですが、EDMやロック・マッシュアップ風の曲など、曲調の幅が広がっています。

 

 

バッハの原曲はこちら。『トッカータとフーガ』の後半にあたる「フーガ」の冒頭部分です。

 

 

他にエミネムでクラシカルな名曲と言えば、「When I’m gone」


メランコリックなストリングスに乗せて、自身の娘に対する思いを乗せた曲です。

ヒップホップと言えば、所謂「オレは凄いぜ」みたいな曲や他人・社会・政治を批判する曲等が多く、エミネムも多分に漏れませんが、エミネムのストーリー性がある内省的な曲が個人的には大好きです。代表曲「lose yourself」も単なる自己顕示ではなくドラマに基づいたリアリティがあります。


2曲ともベストアルバム「CURTAIN CALL」に収録されています。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。