グリーグ

組曲《ペールギュント》/ Ritchie Blackmore’s Rainbow「Hall Of The Mountain King」

今回紹介するのは、イギリスのロックバンド、Rainbow(レインボー)「Hall Of The Mountain King」という曲。

グリーグ組曲《ペールギュント》から「山の魔王の宮殿にて」「朝」を引用しています。

 

1995年リリースのアルバム「STRANGER IN US ALL(孤高のストレンジャー)収録。このアルバムは「Ritchie Blackmore’s Rainbow(リッチー・ブラックモアズ・レインボー)」名義でのリリース。リンク先で一部試聴できます。

 

「RAINBOW」は、ディープパープルのギタリスト、リッチー・ブラックモアを中心として結成されたロックバンドです。ハードロックにクラシックの要素を融合させた、クラシカルロックの先駆者の一人。

 

 

原曲はこちら。曲全体に渡り「山の魔王の宮殿にて」を、間奏で「朝」を引用しています。

 

組曲《ペールギュント》は、ピアノ協奏曲と並んでグリーグの代表作とされる曲です。

今回引用されている2曲以外では「ソルヴェイグの歌」も良くポップスやロックに引用される有名曲です。

組曲《ペール・ギュント》より「ソルヴェイグの歌」/kamelot「Forever」1991年結成のアメリカのバンドKamelot(キャメロット)。 2001年リリースのアルバム「kalma」収録曲「Forever...

 

 

個人的に好きなのは「アニトラの踊り」と「ペールギュントの帰郷」。とにかく名曲揃いの組曲《ペールギュント》です。


 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。