グリーグ

組曲《ペール・ギュント》より「山の魔王の宮殿にて」/チャラン・ポ・ランタン「メビウスの行き止まり」

ボーカルとアコーディオン奏者から成る、姉妹音楽ユニット、チャラン・ポ・ランタン

「メビウスの行き止まり」は、グリーグの組曲《ペール・ギュント》「山の魔王の宮殿にて」を使用した楽曲です。


2015年リリース。

“人は誰しも、醜い本当の自分を隠して生きている”というテーマの楽曲です。

そんな”人間の奥底に潜んでいる悪魔的なもの”を、「山の魔王の宮殿にて」のメロディーを所々に使用する事で、垣間見せています。

 

曲自体は“人は二面性があるからこそ美しい”・”醜い部分も受け入れる事が本当の愛”というオチになっており、コミカルなオリジナルのパートと「山の魔王の宮殿にて」を引用したパートが代わる代わる登場するこの楽曲そのものが、“相反性が生み出す魅力”を表現しています。

 

また曲タイトルも、”普通に接しているだけでは辿り着けないその人の本質”・”誰しもが、相反するものや一見矛盾するものを同時に有している”という楽曲のテーマを、”メビウスの行き止まり”という言葉を用いて表現しているようです。

 

一見能天気&コミカルに見えて、結構メッセージ性があります。これこそ彼女らの真骨頂。

 

グリーグの原曲はこちら。


原曲の魅力といえばやはり、キャッチーなメロディと、転調やテンポアップを伴うスピード感。

 

「メビウスの行き止まり」は、彼女たちの得意なポルカ調の曲に乗せて、一度転調を交えながらドタバタと進んでいく、『山の魔王の宮殿にて』の魅力を存分に発揮した楽曲となっています。

 

ちなみにカップリングの「戦う女」はアメリカのフォークソング「The Old Gray Mare」を引用しています。日本では”おうまはみんな パッパカ走る~”の歌詞で有名です。

「The Old Gray Mare」は訳すると「老いた灰色の牝馬」となります。
「老いた灰色の牝馬」「お馬は皆パッパカ走る」のメロディに乗せて、”女はいつでも戦うの””女はいつまで戦うの”と歌う、メッセージ性の強い楽曲となっています。

 

 

こちらはチャラン・ポ・ランタンの楽曲で私が好きな、ロシア感満載の楽曲「コ・ロシア」。後半はカリンカやカチューシャなど有名なロシア民謡も引用されます。


2020年の作品。

 

一世を風靡したTVドラマ《逃げるは恥だが役に立つ》のOPテーマも彼女たちの楽曲。


 

もう一曲気に入っている、アルバム『ドロン・ド・ロンド』収録の「カストラート」は、そのままカストラート(高音を維持するために去勢した男性歌手)の”その瞬間”をどストレートに歌った曲。

ハイテンション&コミカルな曲の中にコラールのようなパートを大胆に挿入するうえ、サビは7拍子の凄い曲。

 

 

また、ベートーヴェンの『運命』を引用したこちらの楽曲では、ボーカルのももが参加しています。合わせてご覧ください。

交響曲第5番『運命』/トーキョーベートーヴェン「カラフルトーキョー」アートディレクターの千原徹也氏と田中知之による音楽ユニット、トーキョーベートーヴェンの楽曲「カラフルトーキョー」。 ベートーヴェン...
ABOUT ME
syro
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。