複数曲を引用した曲

交響曲《未完成》・月光・カプリース第24番/Unlucky Morpheus「Carry on singing to the sky」

日本のメタルバンド、UnluckyMorpheus(アンラッキー・モルフェウス)。楽曲「Carry on singing to the sky」で、シューベルトの交響曲第8番《未完成》・ベートーヴェンのピアノソナタ第14番《月光》・パガニーニの《24の奇想曲》第24番を引用しています。



2020年リリースのアルバム『Unfinished』のラストを飾る一曲です。

冒頭のイントロで登場するシリアスなシンセのフレーズが、シューベルトの交響曲第8番《未完成》第1楽章からの引用。

間奏のギターソロにベートーヴェンのピアノソナタ第14番《月光》第1楽章。そしてその後のバイオリンソロにパガニーニの《24の奇想曲》第24番がそれぞれ引用されています。

クラシック曲の引用の経緯に関してはこちらのインタビューで触れられています。

ブラジルのメタルバンドViper及びANGRAのヴォーカルであったアンドレ・マトスの死に影響を受けた楽曲であるとの事です。そのためUnlucky Morpheusの「Carry on singing to the sky」は、ANGRAリスペクトの王道クラシカル・パワーメタルになっています。

 

曲タイトル及びアルバムタイトルも、シューベルトの交響曲《未完成》を引用したANGRAの楽曲「Unfinished Allegro」「Carry On」から取っているものと思われます。またANGRAは同じアルバムの表題曲「Angels Cry」では間奏に24の奇想曲を引用しています。

交響曲第8番「未完成」/ Angra「Unfinished Allegro」「Carry On」ブラジルのメロディック・パワーメタルバンドANGRA(アングラ)。 代表曲の一つである「Carry On」に繋がるイントロ「Unf...

ベートーヴェンの《月光》を引用している楽曲はこちら。ViperとAndre matosソロの2バージョンあります。

ピアノソナタ第14番「月光」/ Viper・Andre Matos「Moonlight」ブラジルのヘヴィ・メタルバンドViper(ヴァイパー)。ベートーヴェンのピアノソナタ第14番「月光」の第一楽章をモチーフにした楽曲「Mo...

 

 

Unlucky Morpheusはヴォーカルの天外冬黄と、作曲及びギター&グロウルを務める紫煉を中心としたバンドです。オリジナルアルバムの他、東方アレンジやアニソンのメタルアレンジなど同人カバー作品も積極的に制作しています。

天外冬黄の前身バンドLIGHTBRINGER(アニソン風プログレハード)や紫煉の他バンドの妖精帝国及び電気式華憐音楽集団(ロリータ・インダストリアルゴシックメタル)に比べて、より本格派のスピードメタルサウンドとなっています。

こちらは2ndアルバム『CHANGE OF GENERATION』収録の「Knight of Sword」。どマイナー旋律にテクニカルなバンドサウンド&バイオリンを乗せた、歌謡メタルの一つの到達点と言える一曲。


 

 

こちらは1曲目の楽譜を逆から演奏すると2曲目になるというトリッキーなEP、「CADAVER」「REVADAC」。

 

ドビュッシーの楽曲名を冠した、印象派ポップバンドのパスピエも先日回文構造の楽曲を発表していました。

 

クラシカルアートポップスを冠する音楽ユニットlove solfegeも、バッハの《音楽の捧げもの》から着想を得ていると思われる、逆行カノンという同じようなアイデアの作品を発表しています。

それぞれ全く音楽性の異なるアーティストですが、やはりクラシックがベースにあるアーティストは得てして楽譜や構成美への拘りを持っているものなのですね。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。