複数曲を引用した曲

革命のエチュード・新世界より / LOVEBITES「SWAN SONG」

日本のメタルバンドLOVEBITES(ラブバイツ)「SWAN SONG」という楽曲で、ショパンの「革命のエチュード」・ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を引用しています。

2020年リリースのアルバム『ELECTRIC PENTAGRAM』収録。スラッシュメタルあり、スピードメタルありのバラエティ豊かなメタル曲が並びます。リンク先で一部試聴できます。

 

ショパンの原曲はこちら。美しくも劇的な、ショパンの代表曲の一つです。

LOVEBITESの「SWAN SONG」では、間奏で主題を再現するだけではなく、サビのバックやアウトロで流れるドラマティックなピアノのアルペジオも「革命のエチュード」をモチーフとしています。歌詞は「白鳥の湖」をモチーフにしているようです。

 

またこちらのインタビューで述べていますが、サビメロは「新世界より」第4楽章の有名なメロディをモチーフにしているそうです。


 

ちなみに”スワン・ソング(白鳥の歌)“というのは、「白鳥は死ぬ間際にだけ美しい声で鳴く」というヨーロッパの伝承から、”人生最後の演奏や戦い”の例えに用いられるとの事で、

LOVEBITESの「SWAN SONG」もまたアルバムのラストを飾るにふさわしい、作品中最もドラマティックな楽曲の一つとなっています。名曲です。

 

このLOVEBITES、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番及び交響曲第2番をモチーフとした楽曲も発表しています。2曲に渡ってクラシックの世界とメタルを融合させた大作です。

こちらの記事で紹介しています。

ピアノ協奏曲第2番・交響曲第2番 / LOVEBITES「ABOVE THE BLACK SEA」「UNDER THE RED SKY」日本のメタルバンドLOVEBITES(ラブ・バイツ)。 「ABOVE THE BLACK SEA」「UNDER THE RED S...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。