ラフマニノフ

ピアノ協奏曲第2番・交響曲第2番 / LOVEBITES「ABOVE THE BLACK SEA」「UNDER THE RED SKY」

日本のメタルバンドLOVEBITES(ラブ・バイツ)

「ABOVE THE BLACK SEA」「UNDER THE RED SKY」の2曲に渡り、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と交響曲第2番を引用しています。

正統派メタル然としたサウンドの中に光るクラシック要素。シンフォニックメタルやメロディックスピードメタルとは少し違う、硬派なメタルサウンドです。1曲目「THE CRUSADE」はIRON MAIDENの代表曲でありヘヴィメタル界全体の代表曲とも言える、「Aces High」のオマージュ曲と思われます。軍隊を想起させるアルバム全体のコンセプトと「Aces High」の世界観は共通する物があり、意図的な模倣でしょう。

2018年リリースのミニアルバム「BATTLE AGAINST DAMNATION」収録。

 

「ABOVE THE BLACK SEA」では、サビメロ及びギターソロにピアノ協奏曲第2番第1楽章冒頭のメロディ。

 

続く「UNDER THE RED SKY」では間奏及びアウトロで交響曲第2番第3楽章の主題を奏でます。

どちらも、ラフマニノフの曲の中で最も有名な部分の一つです。

 

 

クラシックに造詣の深いメンバーがいるとの事で、今回紹介する曲は彼女たちの楽曲の中でも、とりわけクラシカルで壮大な楽曲となっています。

 

ですがこのLOVEBITES、普段はもっとバリエーション豊かなメタル曲を多く発表しているバンドです。

こちらはデビュー曲「Don’t Rite The Dust」。メタルに和製ロックとアニソン風のエッセンスを混ぜたキャッチーな曲。


 

 

こちらは2020年発売のアルバム『ELECTRIC PENTAGRAM』の一曲、「WHEN DESTINIES ALIGN」。ストレートなスピードメタル。

 

そしてこのアルバム『ELECTRIC PENTAGRAM』のラストを飾る楽曲「SWAN SONG」はショパンの革命のエチュードを引用した楽曲となっています。

革命のエチュード・新世界より / LOVEBITES「SWAN SONG」日本のメタルバンドLOVEBITES(ラブバイツ)。「SWAN SONG」という楽曲で、ショパンの「革命のエチュード」・ドヴォルザークの...
ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。