ドビュッシー

2つのアラベスク 第1番/Panda Bear「Lonely Wanderer」

今回紹介するのはポルトガル在住のアーティスト、Panda Bear(パンダ・ベア)の曲、「Lonely Wanderer」です。

ドビュッシー「2つのアラベスク 第1番」をサンプリングしています。

2015年リリースのアルバム「Panda Bear Meets The Grim Reaper」収録。リンク先で一部試聴できます。

 

ドビュッシーの原曲はこちら。


引用されているのは0:15~の部分。

「Lonely Wonderer」は、「アラベスク 第1番」の美しいアルペジオをサンプリングしていながらも、バックで様々な音を鳴らすことで、ドビュッシーの音楽が持つ不穏さや印象主義的な雰囲気をより強調しています。

 

メロディよりも音の響きを重視し、静けさも感じる曲調はアンビエント的でもあります。美しい音に身を委ねるも良し、音からイメージを膨らませて独自の脳内世界をイメージするも良しな名曲です。

 

 

こちらはPanda Bearの最新作『Buoys』のリードトラック「dolphin」。水のサンプリングやギターのフレーズ、歌メロの乗せ方等々コーネリアスっぽい!!


アルバム「Buoys」は刺激的な音が満載のポストロックに仕上がっています。

 

 

Panda Bearは、アメリカで活動する、前衛的な音楽を制作するバンド”Animal Collective(アニマル・コレクティブ)”としても活動しています。

こちらはAnimal Collectiveの曲「Jimmy Mack」。いい感じにキャッチーで変態的です。


 

 

ちなみにドビュッシーの「アラベスク 第1番」の他の部分(冒頭部)をサンプリングした曲をアリシア・キーズが制作しています。こちらもドビュッシーの美しい音を上手く使用しています。

2つのアラベスク 第1番/アリシア・キーズ「Like The Sea」アメリカの歌手、アリシア・キーズ(Alicia Keys)の「Like The Sea」。ドビュッシーの「2つのアラベスク 第1番」をサ...

 

またPanda Bearの同じアルバム内に、もう1曲クラシックの引用曲があります。こちらで紹介しています。

《くるみ割り人形》より「金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ」/Panda Bear「Tropic Of Cancer」ヨーロッパやアメリカで活動する、ポルトガルのミュージシャンPanda Bear(パンダ・ベア)。 アルバム《Panda Bear ...

 

 

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。