ムソルグスキー

交響詩『はげ山の一夜』/Fireballet「Night on Bald Mountain」

元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドがプロデュースしたアメリカのプログレッシブ・ロックバンドFireballetの1975年リリースのアルバム「Night on Bald Mountain」。

ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」をカバーしています。

 

20分近くの大曲ですが、なんと単曲でDL販売されています。20分でも150円。

 

 

ニュートロルズのカバーに比べると音の安っぽいプログレという感じですが、今聴くとゲーム音楽のようで味があります。ファミコンソフト「ソルスティス」の曲みたい。ゲーム音楽に馴染みの有る方には違和感なく受け入れられそうです。

 

途中で大胆にジャズ風に展開する部分がイカしています。オシャレなジャズというよりは西部劇というかルパン三世風というかそんな感じです。アメリカらしさがあります。

 

原曲でトーンダウンするタイミングで叙情プログレに突入し、その後もアンビエント風になったりシンセが暴れるパートがあったりと中盤以降はオリジナルのプログレ展開ですが、派手でキャッチーな音が次々と登場し飽きさせません。アンビエントパートから突然オルガンが鳴り響く様は、神秘的であり大迫力です。

 

先程述べた通り音は相当安っぽいですが、かなり頑張ったアレンジをしています。後半はやや冗長ですが、メランコリックさはしっかりと出ており蛇足という印象は受けません。

 

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。