チャイコフスキー

《くるみ割り人形》より「金平糖の踊り」/ Lunaman「Nutcracka」

ベルギーのHIPHOPアーティスト、Lunaman「Nutcracka」という曲で、チャイコフスキーのバレエ組曲《くるみ割り人形》の中の一曲、「金平糖の踊り」をサンプリングしています。


2005年リリース。

 

チャイコフスキーの原曲はこちら。

チェレスタの音が印象的な可愛らしい原曲ですが、Lunamanの「Nutcracka」ではテンポを落とし、無機質なビートやSEと合わせる事で、アングラで不穏な雰囲気のトラックに変貌させています。

 

 

Lunamanの「lunagirl」という曲では《白鳥の湖》の「情景」をサンプリングしていますが、こちらはストリーミング配信しか音源入手方法が見つかりませんでした。

こちらも「Nutcracka」同様、シュールで暗く、病的な雰囲気の作品です。

itunesでの購入はこちら

Spotifyはこちら。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。