プッチーニ

「誰も寝てはならぬ」/Fredrik Kempe・藤澤ノリマサ「Vincero」・Sister Q「愛と夢」

プッチーニのオペラ《トゥーランドット》のアリア「誰も寝てはならぬ」


大変有名なオペラアリアですが、フィギュアスケートの荒川静香選手が、2006年のトリノオリンピックで金メダルを取った際にプログラムのBGMとして使用した事もあり、一般人にも浸透した曲でもあります。

 

そんな「誰も寝てはならぬ」をポップスカバーしている曲「Vincero」を紹介します。

 

オリジナルはスウェーデンの歌手Fredrik Kempe(フレデリック・シェンペ)の曲。2002年リリースのアルバム『Songs For Your Broken Heart』収録。

ノリの良いダンスミュージックに軽快なリズムで「誰も寝てはならぬ」をアレンジしています。

ダンスミュージック&サビでオペラ唱法にスイッチする歌唱法。という事で、おそらく藤澤ノリマサの”ポップオペラ”のルーツの一人であると思われます。


 

日本では2006年に女性音楽ユニットSister Qが「愛と夢 feat.Fujisawa」というタイトルでカバー。サビだけ藤澤ノリマサが歌唱しています。トリノ五輪から5か月後のリリース。カバーのカバー。


 

そして2008年に藤澤ノリマサが再びカバー。カバーのカバーのセルフカバー。



藤澤ノリマサ「VOICE OF LOVE〜愛の力〜」『ポップオペラ』を提唱する歌手、藤澤ノリマサのデビュー・アルバム「VOICE OF LOVE〜愛の力〜」。オリジナル・アルバムでありなが...

 

 

様々な形で愛される「誰も寝てはならぬ」です。

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。