ショスタコーヴィチ

交響曲第10番/Suspekt「Du Ikk Sej, Din Pik Er Ikk Lang, Vi Skyder Dig」

1997年から活動しているデンマークのHIPHOPグループ、Suspekt

彼らの楽曲「Du Ikk Sej, Din Pik Er Ikk Lang, Vi Skyder Dig」では、ショスタコーヴィチの交響曲第10番を使用しています。


曲の間奏で大々的に引用し、ヴァースでは短2度の上下を繰り返す動機をオーケストラヒットにて再現し、ループさせています。

短2度(半音)の上下を繰り返す事で、力強さと不安感を強調するトラックになっています。曲自体が短調なので尚更です。

 

Suspektは暗く強烈なスタイルのHIPHOPで知られているそうですが、そんな彼らの音楽性にピッタリのショスタコーヴィチ。

2000年発売のコンピレーションアルバム『TABU Rec’z』収録。

 

引用しているのは第1楽章。下記動画の11:25~の部分。ゆっくりと始まる第10番の最初の山場。

 

交響曲第10番は、15曲あるショスタコーヴィチの交響曲の中で5番や7番には知名度で劣りますが、有名な交響曲の一つです。

ショスタコーヴィチの交響曲はどれも長大で複雑ですが、音色の一つ一つを見るととてもカッコよく美しいです。

そんなショスタコーヴィチのカッコよさを凝縮しているのが、交響曲第10番の第2楽章。


ショスタコーヴィチの曲らしく、半音の多用や変拍子等盛り込まれていますが、音の派手さとスピード感で押し切ります。ドラクエのボス戦みたいとか言ったらアレですが、とにかくカッコいい。

 

 

Suspektとクラシックの関わりを語る上でもう一つ重要な作品が、2011年の4thアルバム『Elektra』

デンマークの作曲家、フレデリック・メーグル。そしてチェコ・フィルム・オーケストラとのコラボ作品です。チェコ・フィルム・オーケストラはキャサリン・ジェンキンスの作品にも参加している楽団。

ちなみにアルバムタイトルの「エレクトラ」とは、R・シュトラウスのオペラと同タイトルです。

オーケストラとのコラボ曲は以下の4曲。

BrænderByenNed(Burning Down The City)

Helt Alene(All Alone)feat. Tina Dickow


この曲のトラックは、ケンドリック・ラマーの出世作『good kid, m.A.A.d city』収録の「The Art of Peer Pressure」でサンプリングされています。

Nyt Pas(New Passport)

Parasitter(Parasites)

 

 

以下で紹介するのは、そのフレデリック・メーグル個人の作品。いずれもコンパクトにまとまっており、クラシカルだけれど聞きやすい良い曲。

Polyphony – classical and rock music fusion/crossover(ポリフォニー:クラシックとロックの融合)

Cantabile Symphonic Suite: Cortège & Danse Macabre(交響組曲:葬列と死の舞踏)

ABOUT ME
syro
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。