モーツァルト

“レクイエム”より「Lacrymosa」/ Tech N9NE「Lacrymosa」

アメリカのラッパーTech N9NE(テック・ナイン)

「lacrymosa」という楽曲で、モーツァルト《レクイエム》の中の一曲「Lacrymosa(涙の日)」をサンプリングしています。

合唱とEDMを混ぜた、なかなかカオスな曲調です。


2015年発売のアルバム「Special Effects」収録。

こちらは同アルバム収録の「Dyin’Flyin’」ショパンばりのドラマティックで美しいピアノに合唱&ストリングスを取り入れたクラシカルな名曲。

 

 

Tech N9NEは他にも様々なクラシカルなトラックの曲をリリースしています。

こちらは冒頭に「エリーゼのために」を引用している楽曲「Here I Come」

 2001年リリースのアルバム「Anghellic」収録。2003年発売の再発版「Anghellic:Reparation」では収録曲から外されています。入手の際は要注意です。

 

こちらはウェバーの「オペラ座の怪人」をサンプリングした「Psycho Bitch」


2008年のアルバム「Killler」収録。

 

 

こちらはフィーチャリング曲で「Lacrymosa」とバッハの「トッカータとフーガ」を引用しているようにも聴こえますが、日本の芸者を題材にしたアメリカの映画『SAYURI』(Memoirs of a Geisha)の劇中音楽をサンプリングした曲。原曲はジョン・ウイリアムズ作曲。ダークでクラシカルなトラック。

Brotha Lynch Hung feat. Krizz Kaliko, Tech N9ne and BZO

「Don’t Worry Momma, It’s Just Bleeding」


2010年リリースのBrotha Lynch Hungのアルバム「Dinner & A Movie」収録。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。