ベートーヴェン

交響曲第9番「歓喜の歌」/チームしゃちほこ「よろしく人類」

ももいろクローバーZ等で知られるスターダスト・プラネット所属のアイドルグループ、チームしゃちほこ。

楽曲「よろしく人類」ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章「歓喜の歌」の一部を引用しています。

全体的には、ダンスミュージックをベースにチャイムなどで派手なアレンジを施し、大胆な転調や曲調の変化も多くみられる一方で、サビはストレートでメロディアス。という事で、初期のももいろクローバーの作風を概ね踏襲したような曲調となっています。

序奏や間奏・サビ前・終奏等様々な場面で「歓喜の歌」のフレーズをアレンジしたメロディが登場します。歌詞にも「ベートーベン」「喜びの歌」などのワードが登場します。

2番の後でクラシカルなメロディを奏でる間奏もエモいです。

作詞・作編曲は嵐の「Love so sweet」も手掛けたyouth case。

2014年リリースのアルバム「ひまつぶし」収録。名古屋のアイドルグループなので”ひつまぶし”に懸けているのでしょう。

 

 

2012年にデビューしたチームしゃちほこ、現在は”TEAM SHACHI(シャチ)”というグループ名で活動しています。

改名後のミニアルバムより「ROSE FIGHTERS」「DREAMER」。疾走感とエモーションあふれる、ド派手なアレンジのスカパンク。



2019年リリース。とにかくブラスセクションがカッコいい。

 

デビュー当初より派手なブラスアレンジが特徴だったTEAM SHACHI。現在は更に洗練された作風になっています。

こちらは私の大好きなデビューシングル「恋人はスナイパー」

歌詞はももいろクローバーの「行くぜっ怪盗少女」をモチーフにしており、ももクロにケンカを売っている曲に仕上がっています。

 

 

 

ブラスアレンジがかっこいいアイドルソングといえば他にはTask have Funの「3WD」。イントロがとにかく出色の出来です。一聴の価値あり。

 

あとAKB48の「GIVE ME FIVE!」こちらも良い曲。ちょっとずつ下降していくザ・AKBなコード進行ですが、それにブラスアレンジが加わる事で爽やか切ない卒業ソングに仕上がっています。

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。