ジャゾット

アルビノーニのアダージョ/ルネッサンス「Cold Is Being」

イングランド出身のプログレッシブロックバンド、ルネッサンスRenaissance

1974年リリースのアルバム、『運命のカード』収録の曲「冷たい世界(Cold Is Being)」で、アルビノーニのアダージョをカバーしています。


アルバム「運命のカード(Turn Of The Cards)」は、イギリスのフォークロアの雰囲気にピアノや管弦楽とプログレッシブロックが合わさったサウンドであり、牧歌的でありながらも気品があり、それでいてプログレ的面白さも含んだ独自の空気感を醸し出しています。

上品だけどキャッチーで聴きやすいプログレ。凄く良いです。

 

いつも思いますが、プログレッシブロックは有名所になる程案外聴き辛いです。もっと現代日本人に合ったバンドやアルバムがたくさんあるのに…。

 

アルバムの5曲目に収録されている「冷たい世界(Cold Is Being)」は、オルガン1台の伴奏に乗せてボーカルのアニー・ハズラムが歌い上げる曲。オルガンの厳かな音色も歌声も最高です。

 

このルネッサンスのヴォーカルであるアニー・ハズラムはその後ソロデビューし、クラシックカバーアルバム「Still Life」をリリースします。こちらもこのサイトで紹介しています。ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団と共演している名盤です。

アニー・ハズラム「Still Life」今回紹介するのは、イギリスの女性歌手アニー・ハズラム(Annie Haslam)のクラシックカバーアルバム、「スティル・ライフ(Stil...

 

アルビノーニのアダージョ

「アルビノーニのアダージョ」は、20世紀に音楽学者のジャゾットにより発表されました。18世紀の作曲家であるアルビノーニの曲をベースに作ったというこの曲は「アルビノーニのアダージョ」として親しまれてきました。

しかし後にこの曲は、ジャゾットの完全なオリジナルである事が判明し、現在はジャゾットの曲であるというのが通説です。

聴いてみると、バロック時代の宗教音楽のようなメロディもそこかしこにありますが、全体的な雰囲気は今風な印象を受けます。現代の楽器を使用している影響もあるでしょうが…。

 

 

ABOUT ME
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。