シベリウス

『13の小品』 より「エチュード」/Hugo TSR「Les mains devant les yeux」

フランスのラッパーHugo TSRの楽曲「Criminels au mic」 シベリウス『13の小品 練習曲』の第2曲、「エチュード」をサンプリングしています。

2021年リリースの『Une Vie Et Quelques』収録。

こちらはアルバムのリード曲。ドイツ系フランス人と日本人を両親に持つらしく、日本の”先生”をモチーフにした曲。

同アルバム収録曲。チェンバロの音色をサンプリング。これも何かの引用ぽい。

 

原曲はこちら。交響詩『フィンランディア』で知られる、フィンランドの作曲家シベリウスによる、全13曲から成るピアノ曲『13の小品(13 Pieces, Op.76)』。その中でも知名度の高い2曲目「エチュード」。

 

「Les mains devant les yeux」では、ジャン・ワン(チェロ)とイョラン・セルシェル(クラシックギター)による演奏を、再生速度を下げてサンプリングしています。


ABOUT ME
syro
syro
1984年生まれ。生まれも育ちも長崎市です。 2人の子育てが大変なので、夜中にちまちま記事を書き通勤中と昼休みに曲を聴く日々。 趣味はインドア全般。音楽以外では辛麺と洗濯とトライエースと三島由紀夫と遠藤周作が特に好きです。 好きな作曲家はメンデルスゾーンと葉山拓亮。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。